レバレッジ型バランスファンドを比較するために理解すべき3つの視点、仕組みと本質を徹底解説【2020/6/18最終更新】

レバレッジ型バランスファンドは以下の3つの視点に分けて考えると、その仕組みと本質がわかりやすいです。

  • 現物ポートフォリオ
  • 先物レバレッジポートフォリオ
  • 総合ポートフォリオ

この行は読み飛ばして良いですが、レバレッジ側バランスファンドをちょっと難しい言い方をすると、複合ポートフォリオのリスク-リターン曲線上の最適ポートフォリオ上の接線を延長させたリスクパリティ戦略的なポートフォリオと言うことになります。

この表現を呪文のように感じる方もいれば、イメージがはっきりと湧く方もいます。

ただ、このイメージが湧いたところで、例えば株式のみの投資と比較した場合、リターンにどれだけ差が出るのかの推定は難しい。

実際に投資する時に気になるのは、株式だけの場合は、債券だけの場合とどれだけ違うかと言う事でしょう?

それに答えるためには、一旦、現物ポートフォリオ先物レバレッジポートフォリオの2つに分解して理解し、それらを足した結果として総合ポートフォリオを見ると言う視点が必要になります。

そして、この足し算をすることによって、期待収益率適正手数料を計算することができます。

レバレッジ型バランスファンドを比較するための現物ポートフォリオ

現物ポートフォリオはリスク、リターンとも高い資産クラスで構成されます。

代表的なものは株式やRIET。

ここが、レバレッジ型バランスファンドベース部分です。

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)を例にすると、米国株式ETFのVTIに90%資金を投資しています。

つまり、楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)はVTIへの90%の投資がベースになっていると言うことです。

つまり、【大枠】では以下のようなイメージになります。

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)ベース部分【ほぼ】VTI

これで、自分が主に何に投資しようとしているのかが明確になります。


レバレッジ型バランスファンドを比較するための先物レバレッジポートフォリオ

先物レバレッジポートフォリオは、普通は債券で構成されます。

先物にレバレッジをかけている性質上、このポートフォリオは現物の値動きとは確実にズレます

なので、ベースに据えるべき部分ではありません。

したがって、レバレッジ型バランスファンド上乗せ部分となります。

場合によっては、株式や金、その他の資産がミックスされますが、僕はそれは好ましくないと考えています。

理由は、先物でレバレッジをかける場合、ボラティリティ(変動率)が高いと、現物の値動きとの乖離が広がるのがふつうだからです。

その原因は先物の性質に起因します。

先物は現物と違い決済期限があるので、持ち続ける事はできません。

なので、定期的に売買を続けるのですが、ボラティリティ(変動率)が高いと、先物と現物の価格のズレが揺れ動いたり、売買のタイミングで差分が増えたりして、乖離が広がっていきます。

先物と現物の価格は多少ズレていても全く問題はないのですが、そのズレ幅が変わる価格変動の連動性が失われるので「ズレが揺れ動いたり」と言う表現をしています。

なので、短期的なボラティリティ(変動率)が一番低い債券のみを扱うのがベストだと僕は考えます。

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)を例にすると、米国債券に270%の資金を投資しています。

現物のVTIに90%の投資をしているので、10%の資金で270%の米国債券先物にレバレッジ27倍で投資しているということです。

そして、VTIに対して米国債券の割合は3倍です。

つまり、【大枠】では以下のようなイメージになります。

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)ベース部分【ほぼ】VTI

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)上乗せ部分【ほぼ】3倍の米国債券

これが、レバレッジ型バランスファンドの【大枠】のつかみ方です。


レバレッジ型バランスファンドを比較するための総合ポートフォリオ

レバレッジ型バランスファンドを全体的に見る場合、以下の3つの観点がおすすめです。

  • ベース+上乗せとしての観点
  • ポートフォリオバランスとしての観点
  • リスクパリティ戦略としての観点(わからなくても実害無し)

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)を例として取り上げましょう。

最初の「ベース+上乗せとしての観点」は、前の章で既に書きました。

もう一度書きましょう。

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)ベース部分【ほぼ】VTI

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)上乗せ部分【ほぼ】3倍の米国債券

つまり、【大枠として】ベースはVTIへの投資で、それに3倍の資金による米国債券への投資が上乗せされたと考えることができます。

こう考えると、凄さが直感的に伝わるのではないでしょうか?

次に、ポートフォリオバランスとして考えてみましょう。

株式:90%と米国国債先物:270%を比率として考えると、株式:債券比率1:3です。

インフレ調整後の超長期平均年間収益率は株式4.5%、債券1.5%と言う数値があります。

この辺りは、期間や調査対象によってブレるので、あまり厳密に考える必要はありません。

大体の目安として、この程度の数値で計算すれば、大きなミスは犯さないと言う程度の数値です。

そして、この比率を見る限り、債券を株式の3倍投資すれば、インフレ調整後の超長期平均年間収益率は株式と同水準になります。

また、株式と債券は逆相関に近い関係にあるので、短期的なリスクは緩和されます。

ただし、レバレッジをかけているので、レバレッジをかけない同比率のバランスファンドより大きなリスクは持っています。

感覚的には、株式だけより若干リスクが低くなると言う程度です。

そのあたりの事情を説明するのがリスクパリティ戦略の概念。

まずは、このグラフをご覧ください。

点線が債券と株式のミックスポートフォリオのリスク/リターン比率です。

債券100%が最もリターンが低く、株式100%が最もリターンが高い。

リスクは債券と株式を適切にミックスすると低くなります。

グラフ上の直線と接する点がリスク/リターン比率が最適な点で、この点の部分が最適バランスポートフォリオになります。

そして、この直線の延長線上がリスクパリティポートフォリオとなり、これがすなわちレバレッジ型バランスファンドの正体です。

ただ、このグラフも、サンプルとする期間や対象によって変わり得るものなので、正確さを求めてもあまり意味がありません。

だいたいのイメージを捉えておけば結構です。


レバレッジ型バランスファンドを比較するための期待収益率と適正手数料の算出

これは、とても簡単です。

以下の記事で詳しく説明しているので、是非ご覧ください。

▼投資信託の適正手数料は簡単な式で計算できる!【新時代の新たな目安】

世間では、投信信託の手数料について、3%以下とか1%以下、0.5%以下など、様々な説が流れていますね。 しかし、多くの場合...

それでは、最後に補足説明を致します。


【補足1】レバレッジの仕組みから迫る! 【債券のみ】にレバレッジをかけたレバレッジ型バランスファンドをおすすめする理由

最後に、これまで前提として主張し続けて来た、債券のみにレバレッジをかけるべき理由を解説しましょう。

これには2つの理由があります。

  1. レバレッジによる破産確率の低減
  2. それでも資金不足に陥った場合の現物資産からの補充が可能

順番に説明していきましょう。

レバレッジによる破産確率の低減

まずは、先物によるレバレッジの掛け方を理解する必要があります。

先物によるレバレッジは証拠金を拠出することで、

まず、理解すべきことは、レバレッジをかけた一般的な先物取引による仕組みとリスクです。

先物取引には色々な方法がありますが、単にレバレッジをかけたい場合は、レバレッジをかけて先物を購入し、一定期間後に売った際の売買の差分の利益を受け取るか、損失を支払います
これを差分決済と呼びます。

例えば、ある日に先物を買い、翌日に先物を売り、この時に売買の利益を受け取るか、損失を払います

そして、その直後にまた買い…と言うことを続けて行くわけです。

因みに、レバレッジ型ETFにデイリーとついている銘柄は、上記のように1日単位で差分決済をすることを意味しています。

そして、この取引で証券会社に預ける証拠金の額と実際に取引する先物の売買額の比率がレバレッジの倍率となります。

ここで問題になるのが、過大なレバレッジによる証拠金の消滅や、それ以上の損失の支払いの可能性です。

FXなどで破産するアレですね。

例えば、100万円で3倍にレバレッジをかけて30%下落した場合の理論値は以下の通りです。

210万ー300万=マイナス90万円

従って、100万円が10万円になります

現物の場合は、30%下落→約43%(100万÷70万ー1)上昇で元に戻ります。

しかし、レバレッジをかけた場合は、90%(30×3)下落→900%(300×3)上昇で元に戻ることになります。

言い方を変えると、3倍のレバレッジをかけた場合、現物の世界で30%下落したら、その後の現物の世界で300%上昇しないと元に戻らないということです。

なぜこんな危険なことになるのでしょうか?

それは、レバレッジをかけた先物取引は、資産への投資ではなくトレードの連続だからです。

長期投資とは異なり、トレードの場合、ポジションサイジング=リスクにさらす資金量が極めて重要になります。

リスク量を適切にコントロールすれば、破産せずに資産を増やせるからです。

その際、必ずと言って良いほど参照される数理モデルの一つがバルサラの破産確率です。

これによれば、リスクにさらす資産比率の最適解は2%程度です。

勝率や損益率、その他の要因などにより、最適なリスク量は変わりますが、概ねこの程度の値と考えて下さい。

3倍のレバレッジをかけて、リスクにさらす資産比率を2%とするためには、取引対象の変動率が2÷3=約0.67%でなければなりません。

あるいは、その範囲で損切を設定するかのどちらかです。

株式の一日当たりの変動率としては、小さすぎますね。

投資信託のエンジンとなる株式でこれをやるとかなりリスキーです。

こう考えると、一日の最大変動率が極めて高い株式をレバレッジをかけて運用し続けていくのがどれだけリスクが高いかわかると思います。

では、債券の場合はどうでしょうか?

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)の場合、27倍のレバレッジで米国債券を運用しています。

この場合2÷27=約0.074%の変動に抑える必要があります。

安定した米国債券の場合、デュレーション(平均償還期限)にもよりますが、この数値に近づけることは可能ですね。

例えば、1日1回ではなく、1日数回の差分決済を実施し、市場が終了した際にすべて手仕舞うルールにすれば、その時間枠での変動率は小さくなります。

やり過ぎると、現物の値動きとの乖離が大きくなるので、バランスが大切です。

それでも資金不足に陥った場合の現物資産からの補充が可能

しかし、破産確率を低くすると、運用の効率が落ちると言うトレードオフが存在します。

したがって、レバレッジ型バランスファンドでは破産確率が極めて小さいが、ほぼゼロになるまでには落していないと、僕自身は推測しています。

このあたりは開示されていないので、レバレッジの大きさなどから見た推測です。

ここで、債券にレバレッジをかけている事実と、株式が現物で運用されている事実が最大の解決策になります。

債権の先物取引で、極めて低確率で起きる比較的大きな損失を被った場合、現物株式からのわずかな資金補充で回復することが可能です。

これを、普通はリバランスと呼びます。

このような理由から、債券のみにレバレッジをかけたレバレッジ型バランスファンドをおすすめいたします

注)債券のみにレバレッジをかけるとうたっていても、実運用で多少の株式のレバレッジが含まれる場合もありますが、そのあたりは誤差の範囲と理解してください。


【補足2】レバレッジ型バランスファンドって、金利が上がった時に価格はどうなるの?

まず、一般論として言うと、金利が上がる、つまり債券価格が下がる時は、株価は上がる傾向があるので相殺されるケースが多いですね。

しかしながら、常に相殺されるわけではありません。

飽くまでも傾向です。

一方、例えば対象を米国市場に絞ると、もう少し確かな事が言えます。

中長期金利は、通常、FRBの金融政策により誘導されます。

そして、株式市場が大きく下がった場合、FRBはほぼ確実に金融緩和をするので金利は下がります

つまり、株価が下がると国債価格は上がると言うことです。

一方、FRBが金利を上げる=国債価格が下がるのは、株式市場が健全に上昇している時です。

相関関係云々ではなく、政策的にほぼ逆相関にせざるを得ない事情があります。

すべての国で中央銀行がこのような判断でオペレーションを実行できるわけではありませんが、少なくとも米国ではこのような形でFRBがオペレーションを実施します。

なので、株価や国債の大きな値動きがある場合は、政策的に逆相関になる可能性が極めて高いと言えるでしょう。

ただ、小さな値動きの場合は、政策介入しないので、逆相関が崩れる可能性が高くなります。

それと、金利が上がると、債券価格は下落しますが、その後の上昇速度は速くなります

金利が高くなったのだから当然ですね。

なので、長期的には、金利上昇による債券価格の下落は、それほど気にする必要はありません。

最後にまとめましょう。

  1. 一般的な傾向としては逆相関だが、それは傾向に過ぎない。
  2. 米国のように、中央銀行が株式市場に反応する国では、大きな価格変動は株式と債券で吸収し合い、小さな値動きは必ずしも吸収し合わない。
  3. しかし、金利上昇により債券価格が下がっても、その後の上昇速度が上がるので長期的には気にしなくても良い。

これが結論です。

投資は自己責任。

リスク管理を徹底して楽しみましょう。